DEVISE WORKS > BLOG & NEWS

2017.11.07

ランステ両サイド二股計画

ランステ両サイド二股計画

以外と情報の少ない二股化インプレ。

ホームセンターに通い、構想3か月。ようやくフィールドデビュー!

その全貌を公開します。

まず、広がり防止パーツとガイロープ受けがいい仕事しました。このやり方は私が初めてだと思います。日本初(笑)ほぼ加工なしで設置可能。

二股化によってセンターポールがいなくなるのでとても広く感じ、締め切ったときでも動線が良くなります。ランステLの広さを最大限に生かしたレイアウトが可能です。

ピルツ9のフルインナーテントも、センターポールがないので大人2人+子供2人でも十分な広さが確保出来き、何より設営が楽!!かなりの時短と荷物のコンパクト化に繋がります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

使ったアイテム

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●小川キャンパルのピルツ9フルインナー

…………………………………………¥22,680

●ホームセンターでみつけた防虫底皿アルミ真鍮カラー丸型

…………………………………………¥748

(これは鉢のなかに入れる物らしい。→ガイロープ受けに流用)

●YAZAKIイレクターのメタルの角度フリージョイント

…………………………………¥1,250×2個

(二股パーツとして流用)

●YAZAKIイレクターのパイプ90cm(ブラック)

…………………………………¥308×12本

(片側で6本ずつ使用)

●YAZAKIイレクターのパイプ30cm(ブラック)

…………………………………¥108×2本

(二股パーツの中心になるパイプ、上に約7cm出し、残りは下に飛び出た状態にする)

●YAZAKIイレクターのアジャスター

……………………………………¥175×2個

(二股パーツの中心になるパイプ上、ポールの先端代わりになります)

●YAZAKIイレクターのパイプつなぎ金具

…………………………………¥318×4個

●YAZAKIイレクターのゴムアウター

…………………………………¥185×4個

●キャプテンスタッグのポール&パラソルペグ50cm

………………………………¥1,392×4本

●余りのガイロープ(切ることになります)

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

使った工具

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●六角レンチ

●ゴムハンマー

●ハサミ

●ヤスリかバーナー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポイント

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

銅皿パーツは加工は不要。中央に一箇所、周辺に8箇所の穴が空いています。この穴にぶら下げ延長用のガイロープをセットします。複数枚入っているので2枚重ねで使用。これほどピッタリのものがあるとはホームセンター(HOMES)侮るなかれ。

延長用ガイロープの長さは、ピルツインナーの上部ゴム紐の約2倍の長さで調整。

ポールの先端代わりになる、イレクターのジャスターは、白いプラスチックをつかみクルクル回すと外れます。写真のように内側から入れなおして先端を作ります。この時、白いプラスチックをイレクターパイプの内径に収まるようにヤスリで削る必要があります。面倒くさい場合は、バーナーで炙って柔らかくして形を整えると早いです。(ヤケドに注意)このネジに変わる、ロングビスとワッシャーナットを検証中です。もっと簡単に済む予定です。

 

ネット上でよく見かける、広がり防止対策が必要です。

ナイロンベルトやU字金具など、色々出てきますが、どれも加工が必要なものばかり。

そこで行きついたのが、「キャプテンスタッグのポール&パラソルペグ」。

これを、写真のようにポールにセットし、立ち上げてからペグダウンすると、ガッシリ止まります

 

肝心のランステの立て方はと言うと、通常通りとはいきません。

まずは、位置決め。ここまではいつもと同じ。

角度を約90度にし六角レンチで固定した逆V字状態の二股ポールを入れ、テント側にはガイロープ受けをセット。外側にメインのガイロープをかけて仮ペグダウン。

ここで二股ポールを起こして、ランステの奥行きと二股ポールの広がりバランスを確認。

ちょうどいいところで、キャプテンスタッグのポール&パラソルペグで固定。

※先に、ポールにキャプテンスタッグのポール&パラソルペグをセットします。

逆サイドも同様。あとは、いつもどおりひたすらペグダウン。

慣れるまでは二人で設営した方が良さそうです。

二股ポールを引き起こし、広がり幅を調整する人と

幕の張りを見る人に分かれると、後で直す必要もありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポールの長さ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スノーピーク純正だと70cm×4節=280cmが2セット

イレクターパイプだと90cm×3節=270cmが2セット

270cmの方が、下の隙間が少なくでき、ちょうど良かったです。

¥308×12本=¥3,696と費用も断然安く済みます。

唯一のデメリットは1節が20cm長いので純正の袋には入りません。

別途ポールケースを用意するか、バンドのようなものでまとめておく事をお勧めします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フィールドテストの結果

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回、富士山が見渡せる「ふもとっぱら」でテスト張りを行いました。

強い突風が吹くキャンプ場で、その突風により純正のサブポールは「くの字」に折れるほどでしたが、二股パーツの強度には問題ありませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今後の課題

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●イレクターパイプのつなぎ金具が、パイプを外す時に抜けてしまうので、リベットなどで固定する。

●イレクターのアジャスターを先端代わりにしているが、出る長さが短いため、他のネジなどで最適化する。

(現状では、ランステ内側にわたすベルトがセットできません)

 

※あくまでも個人的にテストしているので、ランステへの負荷や、破損、事故などは、自己責任でお願いします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

二股のやり方について不明点などあれば、お問い合わせください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

2017.08.29

河内川ふれあいビレッジ

ママキャンパーのキャンプ場レポート 河内川ふれあいビレッジエリア:神奈川住所:〒258-0123神奈...

ママキャンパーのキャンプ場レポート 河内川ふれあいビレッジエリア:神奈川住所:〒258-0123神奈...

2017.05.19

コールマン 連結

キャンプ設営ネタ テント・スクリーンタープ・ヘキサタープは、コールマン最高峰モデルの「WEATHERM...

キャンプ設営ネタ テント・スクリーンタープ・ヘキサタープは、コールマン最高峰モデルの「WEATHERM...

2017.09.01

ドックドーム

デザイナーが厳選するギア紹介 ブランド:スノーピーク品名:ドックドームプロ6 アイボリーカテゴ...

デザイナーが厳選するギア紹介 ブランド:スノーピーク品名:ドックドームプロ6 アイボリーカテゴ...

2017.09.01

インテリアコーディネート

デザイナーがコーディネートするキャンプギア  こんにちわ、デバイスワークス代表の秋山です...

デザイナーがコーディネートするキャンプギア  こんにちわ、デバイスワークス代表の秋山です...

2017.09.15

青野原オートキャンプ場

ママキャンパーのキャンプ場レポート 青野原オートキャンプ場エリア:神奈川住所:〒252-0161神奈...

ママキャンパーのキャンプ場レポート 青野原オートキャンプ場エリア:神奈川住所:〒252-0161神奈...

2017.09.01

ランステ

デザイナーが厳選するギア紹介 ブランド:スノーピーク品名:ランドステーションL アイボリーカテ...

デザイナーが厳選するギア紹介 ブランド:スノーピーク品名:ランドステーションL アイボリーカテ...

BLOG CATEGORY

ALL BLOG / Camp / Design / Good /